私の政策

Adobe Acrobat Reader

上記データはPDFデータとなっております。PDFファイルをご覧になるにはAdobe Acrobat Readerが必要です。下記バナーより無償でダウンロードができます(外部リンク)。

Official Facebook Page

元サッカー日本代表 森正明の書籍

サイト内検索

私の政策

正しく、明るくフェアプレーをモットーに取り組む、森正明の政策と活動です。
皆さんと共に、神奈川県と平塚市をより住みやすい街に変えていきましょう。

mori_seisaku_banner.fw

  スポーツ選手から県議会議員に転進して20年、学ばせていただいたことは「街を変える」には「経済・教育・福祉・スポーツ」全てが一体となり、国・県・市のパイプをより強化することが大事だということです。さらに昨今の課題解決は、垣根を越えていくことが求められています。例えば教育分野の問題解決のためには、福祉・スポーツなど他分野と共に解決することが求められていると現場で痛感しています。これは施設設立も同様です。経済・防災・興行といった観点から、設立の中身とタイミングを見極めていくこと。中長期的な視点で物事を判断する・見極める力が欠かせません。そのために必要なのは私自身が20年間、多くの壁を乗り越えることができた「5つのワーク」だと考えています。

① ヘッドワーク

 「人が動く」と書いて構成される「働く」という言葉。英語で言うとワークを、私は自身の大事なテーマとしてきました。一つ目は、しっかりと段取りを決め準備をしながら戦術を組んでいく(頭を使った)ヘッドワークです。

② ハートワーク

 二つ目はスポーツ選手から政治家に転身して20年、選手時代から継続してきたこと。スポーツ指導の基本は、どんな仕事に対しても気持ちを込めることです。人には思いやりやリスペクトを持つことによって、はじめて伝わるもの。相手の気持ちを考えながら物事を伝えていくハートワークです。

③ フットワーク

 三つ目は文字通り足を使って動くフットワークです。物事の起きている現場に足を運ばなければ人の気持ちは理解できません。元サッカー選手だからこそ足を使って動く、政治家になって20年間、変わらず続けてきました。

④ ネットワーク

 四つ目は議会と県の進捗状況を把握し、スピーディーに動き返答する、情報を活かすこと。インターネットやSNSが当たり前になった情報化社会の中で正しい情報を見極めることはもちろん、人との関係性や人脈といったネットワークを県民の皆様との対話の中で20年以上築いてきました。

⑤ チームワーク

 そして何より大事なのは五つ目のチームワーク。他県の事例も把握しながら市政・国政との連携をはかる、一人で物事を動かすことは到底できません。人との交流や会話のなかに課題解決のアイデアやヒントがあり、結果を導き出すこともできます。

seisakutop

5つのワークで「進むべき道を見極める」

 2016年に平塚選出の議員としては32年ぶりの議長職を経験できたのは、5つのワークの集大成です。これからの4年の中で、2020東京オリンピック・パラリンピックに神奈川県として出来る限りの協力体制を整えること、環境を整備することを継続すると共に、国際大会の経験を神奈川県と平塚市にとってのレガシーにしていくよう努めてまいります。

 また、平塚市のポテンシャルをもっと引き出していけるよう動いていければと考えています。安心・安全の考え方を例にしますと、近年、事件や事故は減っているものの、安心を市民が感じる「体感治安」を上げていかなければ不安やイメージは向上しません。楽しさ・魅力のあることを体感していく方向性をしっかりと打ち出し、ヴィジョンを明確にしていくことが大事だと思いますし、政策や施設と同時に打ち出してこそ、市民に届くものだと考えてます。平塚は海も山もサッカーチームもある。道路網の整備をはじめ、県として出来ることはこれからもずっとやっていきます。

 20年間もの間、私に見極める力を育んでいただいた平塚市の皆様に、私の経験を活用していただけるよう、これからも「正しく、明るくフェアプレー」の初心を忘れず、皆様のお役に立ちたいと強く思っております。

経済「分野を超えたコラボレーション推進を図る」

経済

 今、日本は1000兆円を超える公的債務を抱えています。

 日本経済を再生させるには、思い切った手術が必要であることは誰でもわかっていますが、現実から目をそむけても問題は解決しません。神奈川、平塚の経済を支えているのは中小企業です。その中小企業が危機に瀕しています。大手銀行の改革や、無駄な高速道路の建設を止めさせることは国の仕事です。

 私は、中小企業のために県政ができる改革を提唱し、意欲ある中小企業の事業展開のバックアップをはじめ、都市近郊農業や漁業などの個性ある平塚の様々な産業の発展と、分野を超えたコラボレーションの推進を図っていければと思っています。3R(Reduce/リデュース、Reuse/リユース、Recycle/リサイクル)を取り入れた資源の再利用を含めて、生産者が作った製品を自らが加工し販売まで行う6次産業の成功例を県内各地で増やしていくことや、スポーツ・福祉・医療のコラボレーションによって健康寿命を延ばす取り組みや感動産業ともよばれるスポーツビジネスを推進していくことで、県内各地でオリジナリティが生まれ、地域ニーズだけでなく県外ニーズにもより一層応えられるようになると思っています。

福祉「世代を超えたコミュニティ作りを支援」

 県会の厚生常任委員会に所属するのみならず、高齢者・障害者のスポーツ文化振興会の活動を通じ、体力づくりの重要性や健康のありがたさを実感してもらいたく、努力してきました。

 少子高齢化が進む中、子供からお年寄りまでのすべての方が明るく楽しく生活するためには、健康づくり、体力づくりはとても大切です。福祉の先駆者となる神奈川県として子育て支援の充実をはじめ、高齢者・障害者の意見を反映しながら、医療・福祉の充実に精一杯努めます。直面している高齢化社会問題は、施設の充実をはかると共に、高齢になっても元気でいられるような環境づくり、世代を超えたコミュニティ作りを支援していきます。

 また、福祉で一番問題になっているのは幼児虐待です。未然に防止できる施設の充実を働きかけて、神奈川県は平塚児童相談所(中原)と子ども自立生活支援センター「きらり」(片岡)の2施設を平塚市内に開設しました。地元県議として設置に向け応援してきましたが、両施設が稼働し、改めて様々なメリットを感じています。

 児童相談所は、子どもの障がいや虐待に関する相談をはじめ、非行や不登校といった様々な課題について専門的な支援を提供する機関です。児童福祉司や児童心理司らが勤務し、子育ての悩みにも広く応じています。一方、きらりは乳児院や障がい児入所施設、児童心理治療施設の3つの機能を併せ持った福祉施設で、専門的な心理・医療ケアを提供しています。横浜市内にあった県2施設を再編する形で、五領ヶ台高校跡地に2017年開設されました。

 子供たちを取り巻く環境は日々変化しています。かつては家庭や地域の中で子育てが完結していましたが、核家族化や地域の希薄化が進む昨今、子育てが「孤育て」になるケースが増えています。親だけで子育てに向き合うのはあまりにも大きな不安を伴います。市民の方には、こうした専門的な機関を積極的に活用してもらいたいと思いますし、多様な悩みを抱えている方々に活用していただけるよう、これからも支援をしていきます。

教育「質を高めることが第一」

教育

 私は知育・徳育・体育・食育をバランスよく実施する必要があると思っています。そのためには教育の「質」を高めることが第一になければなりません。

 教育の質を高めるにしても、部活動やクラブ活動を推進するにしても、問題となるのは「先生たちの多忙化」があります。その多忙さの大半が事務的な部分です。解決策として事務職を増やすことも一つだと思いますし、地域の方々や外部との交流をよりはかっていくことも一つかもしれません。そうすることで部活動におきましても外部との連携がより広がっていく可能性があると思いますし、部活動を通して各分野の普及が地域の中で進んでいく動きが見えてくるかもしれません。

 もちろん、大事なのは指導者が誇りをもって教育に取り組める教育環境を整えることだと考えています。その一つが県立総合教育センター内における指導者支援・研修の更なる充実です。私は老朽化した県立体育センター(藤沢市)の再整備を訴え続けてきました。2020年3月に完成予定のこの施設では、陸上競技場や球技場など既存施設が改修され、屋内プールを備えた先進的な総合アリーナが新設されます。オリンピック・パラリンピック選手が練習施設として活用するだけではなく、総合的スポーツ推進拠点としての役割が見込まれます。さらに教職員研修や教育研究をする総合教育センターも一体整備され、教育の質を確保する場にもなります。新たな施設を県民にとっての真のレガシーにするには、今後の行政サービスにしっかり反映することが重要ですし、部活動の環境整備も必要だと考えています。

 日本が世界に誇る部活動は、授業にはない人間関係形成の場であり、自己実現の場でもあります。部活動を望む子供や保護者の意見を尊重し、学校独自の取り組みに制限がかからぬよう慎重に運用を進める必要があります。

 教育の質も同時に議論すべき問題で、短時間でも効果的なトレーニングは可能です。現在再整備を進めている総合教育センターを活用し、担当教科や競技の専門性を高める工夫をして欲しいと訴えていきながら、子供達が文武両道を通して伸び伸びと成長できるように今後とも力を注いでまいります。

スポーツ「時間、空間、仲間の3つの間が重要」

スポーツ

  日本を元気にする力となる文化がスポーツです。この文化をより振興させていくためには、私はこれまでも時間、空間、仲間の三つの間、いわゆる「三間(さんま)」が重要であると伝えてきました。運動やスポーツを楽しむ機会をつくると同時に、それができる場を提供すること、また、子どもたちの潜在能力を引き出す上で、優秀な指導者を配置すること、多くの種目から自由に選択できるような環境づくりも必要だと考えています。

 その成果の一つが大きく関わる機会をいただいた神奈川県サッカー協会独自のグラウンド設立です。他の地域スポーツ団体の成功事例となるべく、指導者・レフェリーの育成はもちろん、ジュニア世代のクラブチームへのグラウンド提供など、「普及・育成・強化」の連続性を支える施設です。今後も世代や性別問わず、高齢者の方であっても気持ちよく身体を動かせる「間」を作っていければと思っています。

 その中のひとつには、小・中学校のグラウンド(校庭)や体育館を地域に開放し、近隣のの方々にもっと利用してもらうようにしていく考えもあります。地域の方々に学校をもっと利用してもらえる機会を創出していくことで、地域と学校に対して愛着が生まれると思いますし、各地域単位で交流やネットワークの広がりも生まれていくと思っています。

 また、平塚市は2020年東京五輪の事前キャンプ地として、リトアニア共和国代表チームを迎えます。自身がプロスポーツの世界で培った、選手・指導者の経験とネットワークを活かしながら、市と県のパイプ役をしっかりと果たし、実り多きキャンプにしていきたいと思っております。

街づくり「道路網拡大後の最大活用を図る」

 環境のことを考え、安全で住みやすい活気ある新しい街づくりを地域の方々と協力しあいながら、消費社会から資源を再利用する社会の実現を引き続き目指します。地産地消を目指し、地域ニーズに合うような企業を誘致していく意味でも、県の施設を中小企業に活用していただく努力、湘南国際マラソンのような大イベントが開催できる環境整備をしていく努力をします。

 そうした環境整備の中には道路整備も含まれています。さがみ縦貫道路の開通や国道134 号の4車線化など、20年間、着実に動いてきたのが道路網拡大です。現在整備中のツインシティ大神地区は2020年、まち開きを迎える見通しです。神奈川県を訪れる人の南ゲート(入口)として、鉄道駅や道路を整備し、交通の結節点としての機能を果たすことが期待されています。大神の周辺道路は、寒川町を新橋で結ぶ計画。さらに大神と伊勢原市街地を結ぶ道、大神と市内西部地域を結ぶ道、県道606号から愛甲石田(国道246号)まで結ぶ道について、県と市が検討を進めているところです。

 交通網を広げたからこそ出来るアクション、活かす取り組みが必要です。早期4車線化が実現した国道134号はさがみ縦貫道の開通に伴い、北関東などからのアクセスが増えています。しかしこのままでは、箱根や伊豆方面への通過道路になりかねず、観光客誘致の工夫が求められます。平塚は、海水浴場や漁港、湘南平をはじめ、七夕まつりや湘南ベルマーレ、商工農水産業など魅力的な資源を有しています。道路網の充実によって、県外から人が集まり、工業が発展し、産業も生まれ、商業は広がり、雇用も安定する……。そうした良いサイクルを永続的に生み出すべく、引き続き、県と市のパイプ役となり、道路網拡大後の最大利用を引っ張っていければと思っています。

ライフワーク「学校に芝生の運動場を実現したい」

 芝生化の重要性に関しては、議会やスポーツ文化推進活動を通じて伝え続けて20年目を迎えました。「芝生化を広めること」これは私が議席を頂いた1999年からライフワークとしてやっていくと言ってきた言葉です。

 20年以上の議員活動の中で、色々な現場に行き、勉強した中で、県立高校(江南高校、厚木高校)のグラウンドに試行的ではありますがデモンストレーションとして導入する事ができました。他にも藤沢市の清流高校や、高校以外では、松が丘小学校、勝原小学校、富士見小学校、八幡小学校、小田原の下府中小学校、茅ヶ崎の養護学校など、本当に多くの学校が芝生化を進めています。これは本当に大きな成果です。県立の施設が試験的に入れ込んでくれたように、例えば企業庁や県の施設に天然芝を入れることも大事だと、少しずつではありますが認識を持ってくれた事は議会、委員会を通じて自分の想いが県の職員、県民の方々に広まってきたのだと思います。

 現在、神奈川県では、平成21年度から県立学校のグラウンドの芝生化に取り組んでおり、県のスポーツ振興の拠点である「県立体育センター」につきましても、サッカーなど、様々なスポーツで使用する陸上競技場の芝生の張替えを行い、現在は多くの県民の皆様にご利用いただける施設として、たくさんのスポーツ団体・関係者の方々のご意見をいただきながら、現在、再整備を進めております。

 また、地域におきましては芝生化を共に推進する多くの方々のご協力をいただきながら年々増えております。スタートした頃はコスト面で難しかった部分もありましたが、現在では農業高校の学生の皆さんが作った芝生を県立の学校で使用していただいていたりと、地域の中でコストダウンをはかりながら導入する方法も確立できましたし、メンテナンスに関しましては造園関係のプロの方々にアドバイスをいただきながら進めています。そうした地域での取り組みを通じて、この20年は無駄ではなかったと再確認しているところです。

 芝生が広まっていった理由の中には、安全性、砂塵が飛ばない、緑色による目の保養効果といった利点が理解されてきたという部分があります。友達と安全かつ自由に走りまわれるスペースである芝生は、子供の体力向上を図る役割も担えます。サッカー日本代表時代に遠征で各国を訪れた時、欧米のどこの国に行っても、子供たちはころんでも怪我をしない芝生の上で元気に走り回っていました。近年、テレビゲームや遊びの思考が大きく変わったことも影響し、子供たちの体力低下は顕著に現れています。それを食い止めるためには「遊べる時間の間」「遊べる仲間を作る間」「遊べる空間の間」という3つの間が必要です。

 学校から帰った小学生達が、テレビゲームに直行するのではなく、ランドセルを置いてもう一度公園や学校の運動場に戻ってきてほしいと思います。いつの日か、街中の子供たちが芝生の上を元気に走り回る姿を夢にみながら、私の一生涯かけてのライフワークとして、実現に向けてこれからも頑張っていきたいと思います。

スポーツ文化推進「子供たちに大きな夢と希望を」

 ベルマーレ平塚(現・湘南ベルマーレ)に在籍していた頃から現在に至るまで、湘南地域・神奈川県内にてサッカー教室のコーチをしてきました。平塚市には豊かな自然があり、各種の公園も整備されています。そして、神奈川県には多くの指導者、トップアスリートがおります。そうした方々と県が手を組みながら財政が厳しい中でも子供たちに大きな夢と希望を与える取り組みを続ける努力をこれからも継続していきます。

 平塚市・神奈川県にスポーツ文化を定着させ、健康な汗を流しながら、豊かな自然や地域の仲間とふれあうことができる、そんな街づくり支援をこれからもしていきます。

政策リーフレット

morimasaaki2019_leaflet01


morimasaaki_2019_leaflet2

関連エントリー

[経済・スポーツ] ● 県議会平成30年 神奈川県監査委員 活動報告


[まちづくり] ● 2019年2月県政報告 「森正明×河野太郎 国際化社会でのまちづくり」


[教育・スポーツ] ● 2019年1月県政報告 「東京五輪レガシー残す」


[福祉] ● 2018年12月県政報告 「子育てに優しいまちへ」


[まちづくり] ● 2018年11月県政報告 「市内道路の将来計画」


[まちづくり] ● 2018年10月県政報告 「災害に強い神奈川へ」


[教育・スポーツ] ● 県議会平成30年 第1回定例会予算委員会 活動報告


<最終更新日2019年3月28日>